スキンケアの基本/5つの肌タイプについて

自分の肌タイプをご存知ですか?スキンケアの効果を享受するためには、まずは自分の肌を知る事が大切です。

 

スキンケアを頑張っているのに、肌のコンディションが良くならない。あるいは、何となくスキンケアが肌にあっていない気がする。

 

そんな風に感じているならば、まずは自分の肌タイプについて今一度考えてみましょう。

 

そこで今回は、基本的な5つの肌タイプについてご紹介します。

 

【スキンケアの基本/5つの肌タイプ】

私たちの肌は、普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌・敏感肌と、大きく分けて5タイプに分かれます。それぞれに悩みがあり、その解決方法に違いがあります。

 

≪普通肌≫

肌質の中で、最もトラブルが少なく、健康的な肌がこの普通肌です。肌全体が普通肌という人もいますが、部分的に皮脂が多い普通肌+脂性肌、あるいは部分的に乾燥するなどの普通肌+乾燥肌などの混合肌というパターンも多数見受けられます。

 

≪脂性肌について≫

〈脂性肌の特徴〉

脂性肌とは、皮脂の分泌が過剰になっている肌のこと。過剰に分泌される皮脂が原因となり、ニキビができる・お化粧崩れが酷いなどの状態になります。

 

この、脂性肌と聞くと、「乾燥肌の逆」、そんな風に捉えられがちですが、実はこれは全くの誤解です。むしろ、肌の乾燥が皮脂の過剰な分泌を招く事があり、その場合には脂性乾燥肌と定義される事があるのです。

 

〈脂性肌の原因〉

脂性肌の原因には、元々の体質に起因する場合に加え、肌の乾燥・ホルモンバランスの乱れ・食事の影響・適していないスキンケア・生活習慣の乱れなどがあげられます。

 

〈脂性肌対策〉

脂性肌対策の基本は、優しく丁寧な洗顔・肌の皮脂を取りすぎない洗顔料をチョイスする事・保湿をしっかり・脂っこい食べ物は控えるなどを心がけて生活しましょう。

 

≪乾燥肌について≫

〈乾燥肌の特徴〉

乾燥肌とは、皮脂の分泌が低下している・あるいは肌が本来持っているバリア機能の低下によって、肌内部の角質層内の水分が不足している状態の事です。この乾燥肌になると、肌の表面が過敏になり、汚れた空気・着ている洋服・自分の髪の毛・スキンケアやメイクアイテムなど、健康的な肌にとってはなんら問題にならない程度の刺激に過剰に反応し、かゆみ・痛みなどの肌荒れの症状を発症します。

 

〈乾燥肌の原因〉

元々の体質に加え、年齢・性別・環境的要素・ストレス・スキンケアなどが主な原因だと考えらえています。

 

〈対策〉

乾燥肌の改善には、多くの対策が必要です。しかし、多くの乾燥肌の原因は、過剰な洗顔とそれに伴う肌への摩擦だと言われていますので、まずはその改善から始めましょう。

 

これらを改善するために、肌への刺激を極力避ける必要があります。そのためには、自分にあったクレンジングや洗顔料などをチョイスする事と、それらを正しく扱う事が重要なポイントとなります。

 

スキンケアアイテムのチョイスですが、クレンジングならば、肌の乾燥を招くオイルや肌への負担を大きくするシートタイプは避けましょう。肌に優しいのは、ミルクやゲルタイプ。乾燥肌専用の物を選択すればなお安心です。

 

石鹸などの洗顔料肌については、肌への刺激となる合成界面活性剤などが入っていないアイテムを選択しましょう。そのために選ぶべきは固形の純石鹸です。

 

この純石鹸ならは、界面活性剤を使用していない、あるいは天然の界面活性剤を使用していますので、肌への影響を最低限に抑える事がでます。

 

≪混合肌について≫

〈混合肌の特徴〉

日本人の殆どがこの混合肌だとも言われていて、肌質の中では、普通肌についでトラブルが少なく、健康的な肌に近い状態だと言われています。

 

しかし、その一方で「Tゾーンは皮脂でテカテカなのに、それ以外は乾燥する」とか、「季節によって肌が大きく変化する」など、肌のコンディションの変化が大きく、スキンケアアイテムのチョイスや使用する時に難しさを感じるのが、この混合肌の特徴でもあります。

 

〈混合肌の原因〉

混合肌の原因は、ケアの方法にあると考えられています。

 

顏の中だけでも、皮膚の厚さは異なりますし、パーツによって紫外線や大気から受ける影響は異なります。

 

なのに、これに対して顔全体に同じスキンケアを施している場合、部分によって過不足が科発生するのです。不足する部分は乾燥肌に、多すぎる部分もかえって乾燥を招いている場合がるのです。

 

〈混合肌の対策〉

混合肌の場合、普通肌+脂性肌、普通肌+乾燥肌など、肌のパーツによってコンディションに違いがありますので、まずは、自分の肌のパーツごとのコンディションを把握する事が大切です。

 

そして、気になる部分を見つけたら、その部分にふさわしいケア方法にシフトします。油浮きが激しい部分も、乾燥している部分も基本は肌の乾燥が原因ですので、いずれの場合も保湿はしっかりと行います。次のステップのケアアイテムの量を増減するなどで調整してみましょう。

 

≪敏感肌について≫

〈敏感肌の特徴〉

敏感肌とは、肌内部の角質層内の水分が不足してしまい、その結果外的刺激に弱くなっている肌の事を指しています。ですので、敏感肌=乾燥肌と考えれば間違いありません。

 

〈敏感肌の原因〉

元々の体質に加えて、環境的要素・ストレスが大きく影響すると言われています。また、スキンケアによって悪化させてしまっている事も少なくありません。

 

〈敏感肌の対策〉

敏感肌は、肌に対する外的な刺激に対して極端に弱くなっている状態です。髪の毛が当たらないように工夫する・刺激の少ない洋服の素材を選択する・紫外線対策を万全に行うなど、生活の中で、肌への外的刺激を避けるように工夫しましょう。

 

同時に、肌の角質層内の水分を補う&保つ工夫をします。そのために必要になるのが、自分の肌に適しているスキンケアアイテムです。

 

これらを行う事によって、徐々に敏感肌が改善する可能性がありますので、自分にあったスキンケアアイテムを探してみましょう。

 

また、角質層の改善に役立つ食事へのシフト・ストレスの発散・睡眠の質の向上など、あらゆる面での生活習慣の改善が求められます。

>【口コミ調査】オルビス・アクアフォースシリーズで人気の商品はどれ?

【まとめ】

正しいスキンケアを行い、肌のコンディションを整えるためには、まずは自分の肌タイプを正確に把握する必要があります。

 

そのための情報として、5つの肌タイプについてご紹介して参りました。自分はこれだ!と、ご自分の肌タイプを把握いただけたでしょうか?

 

スキンケアはそこからがスタートです。自分の肌タイプを知って、それにあったケアアイテムを見つけてくださいね。

「スキンケアの基本/5つの肌タイプについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です